リモート時代に加速する3D開発
=米CG学会「バーチャル出張」記=

会員の皆様

withコロナ時代、国境を越える移動が困難になり、国際的なイベント・学会も深刻な打撃を受けています。
その一方で、3DやVRなどの技術を使い、「バーチャル」イベント・学会が急増しています。
この分野ではリアル+バーチャルのハイブリッド化が進む予感がします。

本日は事務局で活躍中の新西誠人・リコー経済社会研究所研究員のコラムを紹介します。「バーチャル出張」体験記を御一読ください・

リモート時代に加速する3D開発
=米CG学会「バーチャル出張」記=
http://blog.ricoh.co.jp/RISB/technology/post_616.html