最新のお知らせ・イベント

「電子政府」内外動向を探る

本日は会員でリコー経済社会研究所研究員、米村大介、大塚哲雄両氏の電子政府に関するコラムを紹介します。連載企画の第4回、5回になります。

「電子政府」内外動向を探る(第4回)豊橋市(愛知県)
=業務・システム効率化で全国2位、国に「推進力」を期待=
http://blog.ricoh.co.jp/RISB/inout_economy/post_676.html

「電子政府」内外動向を探る(第5回)高知県
=「課題先進県」がデジタル化で解決目指す=
http://blog.ricoh.co.jp/RISB/inout_economy/post_677.html

【中野哲也】

結党100年を迎える中国共産党
=その誕生と発展、変質の軌跡=

 本日は本学会の事務局長で、リコー経済社会研究所の中国専門家、武重直人主任研究員の力作を紹介します。

結党100年を迎える中国共産党
=その誕生と発展、変質の軌跡=

http://blog.ricoh.co.jp/RISB/china_asia/post_680.html

 80年前の日本と現在の中国が重なり合うような気がしますが…

【中野哲也】

「電子政府」内外動向を探る(第1回)エストニア
=「占領」の歴史から世界3位のデジタル先進国へ=

 東京でも蔓延防止等重点措置が始まりました。政策と世論の乖離が甚だしくなり、アナーキズムが蔓延するのではないかと危惧します。

 本日は事務局で奮闘中の新西誠人・リコー経済社会研究所主任研究員のコラムを紹介します。「電子政府」先進国のエストニアの施策について簡潔に紹介しています。

「電子政府」内外動向を探る(第1回)エストニア
=「占領」の歴史から世界3位のデジタル先進国へ=

http://blog.ricoh.co.jp/RISB/inout_economy/post_679.html

【中野哲也】

日本危機管理学会2021年度第1回理事会

日時:2021年4月11日(日) Zoom開催
9:40~10:00 常任理事会→年次大会議案承認 10:00~11:00 理事会

出席:常任理事会9人(会長、副会長、理事長、常任理事4人、会員2人)
   理事会10人(会長、副会長、理事長、常任理事4人、理事1人、会員2人)

1.年次大会

詳細については、会員にメールにて送付。

2.研究部会について

AI・DX・セキュリティー研究部会と企業危機管理研究部会を統合し「企業危機・サイバー研究部会」とする。

3.会員懇親ウェブサロン「CrossRoads」創設

4.新規海外交流事業について

5.J-Stage対応

6.次回理事会

5月9日(日)9:45常任理事会→10理事会→中止
・6月13日(日)10:00~11:00

【日本危機管理学会事務局】

新型ウイルス・パンデミックから1年
=見えてきた「正体」をQ&A形式で解説=

 本日は会員の松林薫・リコー経済社会研究所客員主任研究員のコラムを紹介します。

 最初の緊急事態宣言発出から1年が経過するタイミングで、新聞記者時代に厚生労働省を担当し、医療に詳しい松林氏がQ&A形式で易しく解説しました。

新型ウイルス・パンデミックから1年
=見えてきた「正体」をQ&A形式で解説=

http://blog.ricoh.co.jp/RISB/new_virus/1_1.html

【中野哲也】

PAGE TOP
MENU