最新のお知らせ・イベント

AI・ドローンを駆使する「モザイク戦」への日本の対応
=日本危機管理学会が第2回安全保障研究部会=

 当学会は2021年12月19日、安全保障研究部会(部会長・下平拓哉常任理事、事業構想大学院大学教授)の2021年度第2回会合をオンライン形式で開いた。下平氏が「新領域における新たな戦い方」をテーマに講演し、米軍などで導入が進む人工知能(AI)やドローンを駆使する「モザイク戦」について詳しく解説した。

下平拓哉氏の講演テーマ「新領域における新たな戦い方」
(提供)下平拓哉氏

 下平氏はまず、モザイク戦を定義。従来の「陸海空」に加え、宇宙やサイバー空間も含めた「すべての領域」において、既存の軍事的能力と新たな低コストの無人システムを組み合わせながら、より効果を高めるために戦術的、作戦的、そして戦域的な「効果的ウェブ(effects webs)」を構築することだと説明した。

 また、モザイク戦は人間の指揮と、機械のコントロールによって分散した兵力を迅速に構成・再構成することを通じ、軍の適応性を高めた上で、敵に複雑性と不確実性を課すものだと強調した。こうした戦い方は米軍のほか、中国やロシアなども研究を進めているという。

 特に米国では、空軍と海軍の共同で軍事作戦構想(エアシー・バトル=Air-Sea Battle)を戦略予算評価センター(CSBA)が2010年に発表。さらに翌年には国防総省にASB室、2015年には総合参謀本部にJ-7(Air-Sea Battle)がそれぞれ設置され、すべての兵力が協力しながらモザイク戦の戦略を練っているという。

 その上で、下平氏は日本に求められる対応を提言した。具体的には日本単独だけでなく、日米、日米豪印のクアッド、そして、英国や欧州連合(EU)、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国などとの多国間の枠組みにおいて、必要な時に必要な場所・兵力で非対称戦(=敵が予想外の手段で挑んでくる戦争)を構成できるシステムづくりが必要だと指摘した。

 講演後の質疑応答では、「AIが判断を下しても、意思決定の遅い日本はどこまで適応できるのか」「中国が日本にモザイク戦を仕掛けてきた場合、どう対応するのか」といった質問が相次ぎ、活発な討議が行われた。

 下平氏は前者については、シミュレーションを徹底的に行い、どこまでAIの判断に適応できるかを平時から模索しておく必要があると強調した。また後者に関しては、最新の戦い方に付いていけるようにする必要性を指摘。そのためには日本も米国のように、民間シンクタンクが強力な政策提言を行う必要があるのではないかと述べた。

「新領域における新たな戦い方」について講演中の下平拓哉氏

【芳賀裕理】

【告知・募集】 日本危機管理学会年次大会(2022/5/21)開催と研究報告募集

平素よりお世話になっております。
第31回年次大会(2022年度)を下記の要領にて2022年5月21日(土)に開催致します。
就きましては、同大会における研究報告を募集致します。
研究報告は自由論題と統一論題「新しい資本主義時代の危機管理―気候変動・テクノロジー・経済安全保障―」の2部構成となり、
各報告の持ち時間は報告20分+質疑10分程度を予定しています。
(注)COVID19の感染拡大状況によってはZoom開催に切り替え、特別構成とする場合があります。
報告を希望される会員は2022年3月31日(木)までに学会事務局 info@crmsj.org 宛メールにて下記①~⑤をお知らせください。

応募メールタイトル:日本危機感管理学会年次大会報告エントリー(山田花子)
① 氏名
② 所属先
③ 連絡先(メールアドレスと携帯番号)
④ 統一論題か自由論題のどちらか
⑤ 報告論題と要旨(200字以内)

◎日本危機管理学会 第31回年次大会(2022年度)
日程 2022年5月21日(土)10時~16時30分
会場 リファレンス新有楽町ビル貸会議室 Y203(東京都千代田区有楽町1丁目12-1 新有楽町ビル2階)
統一論題 「新しい資本主義時代の危機管理―気候変動・テクノロジー・経済安全保障―」

奮ってのご応募をお待ちいたします。
報告者の最終決定は4月中旬の予定です。

【日本危機管理学会事務局】

日本危機管理学会2021年度第5回理事会

日時:2021年12月12日(日)10~11時(Zoom開催)
出席10人(会長、副会長、常任理事3人、理事3人、特別顧問、事務局長代理)


1.2022年度年次大会・会員総会
2022年5月21日(土)9時半開場、10時開始
リファレンス新有楽町ビル貸会議室 Y203

2. 会費納入状況

3. 「危機管理研究」第30号(2022年3月発行)論文募集

4. 研究部会の開催予定
(1)安全保障研究部会 第2回
12/19日(日)10~下平常任理事「新領域における新たな戦い方」
(2)企業・危機サイバー研究部会 第2回→検討中

5. 危機管理研究第29号(2021年3月発行)の公開

6. 追加検討事項
学会パンフレットの改訂

7.CrossRoads(第2回)の開催報告

8.次回理事会(Zoom)
2022年2月6日(日)10~11時


以上

【日本危機管理学会事務局】

日本危機管理学会 安全保障研究部会(2021年度第2回)開催(オンライン)

2021年12月19日(日)に本年度第2回 安全保障研究部会を下記概要にてオンライン開催致します。
参加をご希望される方は、12月15日(水)までに下記の事務局メールアドレス宛にお知らせください。
会員以外の方のご参加も歓迎致しますので、会員の皆さまにはお知り合いご紹介頂けると幸いです。

 記

日時:2021年12月19日(日)am 10:00~11:30

テーマ:「新領域における新たな戦い方」
発表者: 事業構想大学院大学教授 下平拓哉
概要:作戦環境の大きな変化の中で、近年話題となっている新領域における新たな戦い方がモザイク戦(Mosaic Warfare)である。まずモザイク戦の概念が出てきた系譜を辿りつつその特徴について整理する。次に、マルチドメインと言った領域をめぐる日米それぞれの作戦構想とモザイク戦との関係について考察する。そして最後に、海洋国家日本にとって重要な海上におけるモザイク戦の適用について評価を加えるとともに、その際の日本の対応について考察する。

参加申し込みメール
件名:【参加予定】安全保障研究部会(12.19)
 ご記載内容:①ご氏名、②ご所属、③Zoom参加URLの送信先アドレス(ご記載ない場合は頂戴した申し込みメールに返信させて頂きます)
参加申込みメール送信先: info@crmsj.org (事務局アドレス)

ご参加をお待ちしています。
 
【日本危機管理学会事務局】

日本危機管理学会2021年度第4回理事会

日時:2021年10月24日(日)10~11時(Zoom開催)
出席10人(会長、理事長、常任理事2人、理事3人、事務局長代理)


1. 事務局移転
事務局移転登記完了

2. 会費納入状況

3. 「危機管理研究」第30号(2022年3月発行)論文募集

4. 研究部会の開催予定
(1)企業危機・サイバー研究部会→検討中
(2)安全保障研究部会→年内開催予定

5. 危機管理研究第29号(2021年3月発行)の公開

6. CrossRoads(第2回)の開催(Zoom)
11月19日(金)20時30分~

7. 2022年度年次大会・会員総会の日程
2022年5月21日(土)10時~(仮)

8. 追加検討事項
学会パンフレットの改訂

9. 次回理事会(Zoom)
2021年12月12日(日)10~11時


以上

【日本危機管理学会事務局】

MENU
PAGE TOP