楽観許されぬ中国経済の前途
=3カ月でプラス成長回復だが…=

会員の皆様

トランプ大統領の陽性→入院という事態になり、米大統領選の行方はますます混沌としてきました。
一方、北京からはどなたかの高笑いが聞こえきそうですが、中国も経済先行きの霧が晴れません。

というわけで、
本日は事務局長の武重直人・リコー経済社会研究所主任研究員のコラムを紹介します。

楽観許されぬ中国経済の前途
=3カ月でプラス成長回復だが…=

http://blog.ricoh.co.jp/RISB/china_asia/post_610.html