第30回年次大会を開催
「with/afterコロナ時代の危機管理」を議論

当学会は2021年5月23日、第30回年次大会を開催しました。コロナ禍に伴い、初のリモート形式となりました。冒頭、原田泉会長(国際社会経済研究所上席研究員)が「時代の経過とともに新しい危機が生まれ、(コロナ禍以降)ますます危機管理の重要性が増している。これに対し、新しい会員が新しい発表をすることは大変喜ばしい。新しい課題に対して活発な研究を期待したい」とあいさつしました。

詳細は以下を御参照ください。
「with/afterコロナ時代の危機管理」を考える
=日本危機管理学会が第30回年次大会=

【日本危機管理学会事務局】