◆日本危機管理学会26回年次大会(2017年度)会員総会開催決定

2017年度日本危機管理学会第26回年次大会・会員総会が下記のように開催されます。会員でない一般の方の参加も大歓迎です。

お忙しいとは存じますが、なにとぞご参加のほどお願い申し上げます。

参加いただける方は、 http://crmsj.org/contact/index.html  からお申し込みください。

日本危機管理学会 第26期年次大会(2017年度)

   開催日時 : 2017527日(土)10001700

   会   場  : 国士舘大学 梅ヶ丘校舎 34号館 B303

               東京都世田谷区世田谷4-28-1          

    参 加 費  : 会員:2000円、一般:3000円、学生:無料

   

スケジュール 

      930    開場 

   1000  開会挨拶 池田十吾会長

報告

自由論題 

   1010 「テロ等準備罪と日本の国際テロ対策」

                岩井克己(倉敷芸術科学大学)

   1050 「熱中症リスク低減を目的とした都市環境気候図の作成に関する研究」

                森中悠真(豊橋技術科学大学大学院)、 増田幸宏(芝浦工業大学)

   1130  2017年度会員総会

   1210 昼休み

  基調講演 

   1330 「トランプ・リスクをどうみるか」

                大石 格 (日本経済新聞社 編集委員兼論説委員) 

1430 休憩

報告

統一論題 新しい日米関係の構築に向けて―政治、経済、安全保障― 

   1440 「トランプ政権の対日外交政策」

         池田十吾 (国士舘大学教授)

   1510 「米国の保護主義とその増大するリスク ―トランプ経済政策に対する危機管理―」                         

                 中野哲也 (リコー経済社会研究所主席研究員)

   1540 「トランプ政権の対日安全保障政策」

        下平拓哉 (防衛研究所主任研究官)

   1610 統一論題質疑応答 

      1700 閉会挨拶 原田泉理事長

 

 

◆2017年度日本危機管理学会第1回理事会

日時:2017年4月4日(火) 16:00-18:00 

会場:国士舘大学 6号館 2階 池田研究室

出席者:池田会長、原田理事長、酒井常任理事、亀田常任理事、安藤常任理事、増田理事、原理事、下平理事

議題:

1.年次大会について

  スケジュール 

  会員以外に対する広報活動を活発化する

 2.学会誌について

   査読基準を編集委員がまとめ、会員総会で報告

   会員への発送作業を41214時国士舘大学池田研究室で行う

3.本年度の事業計画について

  海外交流事業

    第10回日中危機管理交流会

       日時:2017831日(木)91()

       会場:中国中国陝西省西安市 

       当学会員以外にも関係者の参加を募る

    第2回日蒙危機管理学術交流会

       日時: 20177月下旬

       会場: 国士舘大学

    研究会・研究部会事業

      安全保障研究部会

     サイバーセキュリティ研究部会

      都市レジリエンス研究部会

   提言活動:2020東京オリパラへの第二回提言

   会員拡充:年次大会、研究部会、海外交流等の事業を通じ拡充

   学会誌のホームページへの掲載

   年会費に関し、個人を1万円に、学生を5000円、法人を5万円にする

4.その他

   上海学校防災教育視察団との交流

327日:原田、酒井、中野、岩井参加)

   沖縄県が年次大会を誘致

 

◆2016年度の記事はこちら
◆2015年度の記事はこちら
◆2014年度の記事はこちら
◆2013年度の記事はこちら
◆2012年度の記事はこちら
◆2011年度の記事はこちら
◆2010年度の記事はこちら
◆2009年度の記事はこちら
◆2008年度の記事はこちら
◆2007年度の記事はこちら
アクセスカウンター

gakkaishi.html